排水管の水漏れの原因になるつまり

配管が何かしらの原因で詰まってしまうと、水は流れていかなくなります。排水管は、水が高いところから低いところへ流れる特性を使い、汚水を本管へと流す装置です。つまりが出てしまえば、強引に押し流すようなことができません。これが大きな問題となり、水漏れにもつながってしまいます。解消させることも大切ですが、普段からつまらないように管理することも大切です。

■詰まりやすいキッチンの排水管

排水管が詰まってしまう箇所はいろいろとあります。キッチンの排水管は、さまざまある中でもかなりのリスクを抱える場所です。キッチンは排水管に流れると詰まってしまうようなものをたくさん扱っているからですが、トラップなどの構造により、いきなり詰まらないような工夫もされています。それでも、ごみが流れていけば、どうしても負担を掛けることになるでしょう。完全に詰まってしまうと、水は流れなくなり、水漏れにもつながってしまいます。定期的にパイプクリーナーなどを使って、配管を掃除しておくだけでも違います。排水ネットを取り付け、キッチンを使ったときには必ず交換するといった習慣を決めておくことも対策になるでしょう。排水管に異物が落ちにくくなるのですから、清潔な環境も作り出せるため大事な方法です。

■専門業者のクリーニングも

つまりが出てくると、排水管から臭いが上がってきます。詰まっているものが腐敗してくるからで、キッチンでは致命的な問題になるでしょう。悪臭がする中で調理する気持ちにはなりませんし、清潔とは言えない環境にもなってしまいます。ごみが流れ落ちてしまっただけが原因ではありません。さまざまな石鹸や洗剤をつかうため、これがこびりついて臭いを発することもあります。油もそのひとつで、どうしても臭いが出てしまいます。パイプクリーナーを使っても臭いが抜けない場合には、水漏れを疑うとともに、専門家に配管のクリーニングを依頼するのも方法です。キッチンの排水管は、どうしても汚れがたまるため、定期的に検討するといいでしょう。

■まとめ
悪臭は、不快な環境を作ってしまいます。キッチンの排水管のトラップが機能していない状況となると、害虫が上がってくる可能性も考えなければいけません。多くの問題を抱えてしまうため、水漏れも含めて、水道 修理業者に点検を依頼しておく必要があります。自分でははっきりと見えない部分ですから、異臭がするときには対策として考えるべきでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ