水道管も排水管もパッキンは水漏れポイント

水が漏れてくる状況は、どうしても焦ってしまいがちです。水が漏れること自体が、非日常的な出来事だからです。対応に関しても、知識があれば問題はありません。ですが、なにも知らなければ、どういった方法を取るべきかわからないでしょう。排水管の水漏れも、見つけた時は同じです。周辺の状況も含めて、自分で対処できないと思ったときには、すぐに水道 修理ができる業者に連絡して、早期に対応しましょう。

■経年劣化は避けられない

排水管を含め、水漏れが起きるというのは、実は必然的なことです。水漏れというと珍しいことに感じますが、物質である以上いつかは起きます。排水管に使われている管材は、使っているうちに耐用年数を超えてしまいます。定期的に交換をしなければ、破損して水漏れを起こしてしまうでしょう。これが経年劣化です。水道管とは異なり、排水管には圧力がかかりません。自然落下の力で本管まで流していきます。強い力がかからず漏れてくるため、発見が難しい部分があります。配管自体が経年劣化でもろくなり、漏れてくるようなひび割れを生じていることもあるでしょう。管は1本で作れるわけではないため、接続部分に使われる部材やパッキンの劣化によって、隙間ができることもあります。ここから漏れてくることもありますから、原因を探す場合は、慎重におこなわなければいけません。

■弾力で隙間を埋める

排水管の水漏れにつながってしまうパッキンは、弾力がある部材です。接続部品の隙間を埋めるために使われており、弾力があることで密着します。水はほんのわずかな隙間でも漏れてしまうため、パッキンは大事な部材になるでしょう。このパッキンは、防臭ゴムが使われているため、臭いを発することなく水を止めています。しかし、時間とともに弾力性が失われていくため、わずかな隙間ができるようになり、ここから水漏れが発生します。排水管だけで起きることではなく、水道管でも同じような問題で水漏れするため、定期的な交換が必須です。



■まとめ
パッキンだけが問題なのであれば、交換はそこまで難しいものではありません。サイズがわかれば、ホームセンターなどでも手に入るため、自分で外して交換すれば水漏れを止められます。そこまで難しいものではありませんが、パッキンを正しい位置に取り付けられなければ、水漏れが直ることはありません。自信がないと思ったときは、シールテープを巻くなど応急処置をして、専門業者に修理してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ